Web子どもと昔話 ││ 昔話の道しるべ │ おはなしの小道


おはなしの小道 TALES PASSAGE

第3話 ワラと炭とインゲン豆の旅

   ワラと炭と、インゲン豆が仲間になって、いっしょに長い旅にでることになりました。そして、たくさんの国ぐにを楽しく旅して歩いていると、橋のかかっていない小川があり、わたることができませんでした。そこで、ワラがいいことを思いつきました。自分が、小川に横になり、他のふたりをわたらせることにしたのです。まず最初に炭が、それから、インゲン豆が。炭は、ゆうゆうと、ゆっくりワラの橋をわたっていきました。あとからインゲン豆が、小またにいそがしそうに、わたっていきました。

 ところが、炭がワラのまんなかまでわたっていったとき、ワラがもえはじめました。そして、とうとうもえおちてしまいました。炭は水のなかへ落ちてジュッといって、きえました。ワラは、ふたつに切れて、川を流れていきました。

 おくれてわたっていったインゲン豆も、あとからいっしょに川のなかへすべり落ちて、しばらくは泳いでいました。けれどもとうとう、水を飲みすぎて、はじけてしまいました。そして、はじけたまま岸に打ちよせられました。

 さいわいなことに、旅のとちゅうの仕立て屋さんがそこで、休けいしていました。仕立て屋さんは、針と糸を持っていたので、インゲン豆を縫って、なおしてくれました。そのとき以来、インゲン豆には、みんな縫いめがのこっているのです。




 また、ほかの語り手は、こう語っています。

 インゲン豆が、まずワラのはしをわたり、うまくむこう岸までわたりました。そして、むこう岸から、わたってくる炭を、ふりかえりました。ところが、川のまんなかまでくると、炭が、ワラをもやしてしまい、水のなかに落ちてジュッといって、きえました。インゲン豆はこれを見て大わらいしたので、とうとうはじけてしまいました。

 ちょうど、岸にいた仕立て屋さんが豆を縫ってなおしてくれました。けれども里い糸しか持っていなかったので、それ以来、インゲン豆にはみんな、黒い縫いめがのこっているのです。


 
出典:小澤俊夫訳『完訳 グリム童話』(ぎょうせい)

BACK    NEXT
Web子どもと昔話 ││ 昔話の道しるべ│ おはなしの小道
topへ