一般書  研究書  翻訳書  昔話原典  再話集  昔話絵本  CD・ビデオ  絵葉書・その他
オットー・ウベローデ


オットー・ウベローデ OTTO UBBELOHDE (1867-1922)


法学部教授の息子としてマールブルクで生まれる。ミュンヘン芸術院で学び、ユーゲント・シュティール(フランス語で言うアールヌーヴォー)様式に接し、影響を受ける。前衛的な芸術集団の旗手として、大規模な国際展覧会にも作品を出品し脚光を浴びるも、
1897年の結婚を機にミュンヘンから去る。翌年にはゴスフェルデンにアトリエを建て、ひきこもった生活をし、イラストレーションの仕事をして生活費を稼ぐ一方で、ヘッセン地方の風景画を描き続ける。


ウベローデは1906年以降、グリム童話の挿絵の仕事にも取り組む。この挿絵によって、グリム童話に新しい魅力が与えられた。ウベローデの描くグリム童話の世界には、ロマン主義的な感受性、すなわち「静かなメランコリー、一種の別離気分、一種の遠き園への情景」(ベルント・キュスター)が投影されており、それが写実的なヘッセン地方の風景・事物とともに提示されることで、独特な緊張感を生み出しているのが特徴である。




参考文献
・ベルント・キュスター「オットー・ウベローデの生涯」、『オットー・ウベローデ グリム童話全挿絵集』(古今社、2002年)所収
・ジークフリート・ベッカー「グリム兄弟のメルヒェン集」同著所収

・ルートヴィヒ・リン「ゴスフェルデンのオットー・ウベローデの家」同著所収


挿絵としてかかれたラプンツェルの塔(左)と
アーメナウにある見本となった塔(右)


フラウエンベルクを望む風景




topへ