研究所の活動  ││ 研究プロジェクト  │ 昔ばなし大学  │ 講演会
昔ばなし大学参加方法  │ △再話済みリストへ │ 日程表  │ カリキュラムのサンプル

昔ばなし大学 JAPAN FOLKTALE ACADEMY
昔話に関心を持つ人を対象に、小澤俊夫が全国各地で開いている市民大学です。1992年に最初の昔ばなし大学が開かれ、現在までに95箇所以上で開講されました。その目的とするところは、子どものための昔話絵本と再話のよしあしを見分ける目と耳を養うことにあります。

昔話は、口伝えという、長い伝承の年月を経て、独自の洗練された様式をもつ、特殊な文芸形式です。この様式において、昔話は、子供が育つということはどういったことか、人間の生命はどうやって成り立っているのかといった、人間の生に密着した知恵を伝えています。
この昔話の本来の性格を学んでもらうこと、そしてそれを通して、子供のための昔話絵本のあり方や、子供に語る語り方への理解を深めてもらうことが、昔ばなし大学の目指していることです。

通常、昔ばなし大学は、各開催地において四ヶ月に一回開かれます。それを計6回、すなわち3年間おこないます。開催曜日は土日で、二日間で集中的に講義が行われます。この最初の6講義を「基礎コース」と呼びます。この「基礎コース」は全国同一のカリキュラムとなっております。

「基礎コース」修了した方で、さらに昔話について勉強をすすめたい方を対象に、「再話コース」と「語りコース」というものもあります。「再話コース」は、小グループで実際に昔話の再話作業をすすめる実践的なコースです。「語りコース」も同様に小グループで、昔話の語り方と技術を学びます。
また夏には、昔ばなし大学参加者を対象にしたドイツへの研修旅行「グリムの旅」があります。ドイツでグリム兄弟の足跡をたどりつつ、昔話への理解を深めます。

昔ばなし大学参加方法
 □再話コース・語りコース参加方法
   △再話済みリストへ
■昔ばなし大学日程表

 □第8期昔ばなし大学

昔ばなし大学カリキュラムのおしらせ
昔ばなし大学授業風景
(第V期東京昔ばなし大学第一回)




昔ばなし大学 参加方法 PARTICIPATION IN FOLKTALE SEMINAR
昔ばなし大学「基礎コース」参加方法
昔ばなし大学「再話コース」および「語りコース」参加方法




昔ばなし大学「基礎コース」に参加
※昔ばなし大学にはじめて参加される方はこちらをご覧下さい。
 また、以下の参加の流れは、特に東京昔ばなし大学を例に挙げています。
 会場によっては、参加方法が若干異なる場合があります。
1:「昔ばなし大学日程表」を見て、参加希望地を選ぶ
・基本的に3年連続して受講するのが参加条件です。
・途中参加は原則禁止です。参加の新規受付は第1回、第2回のみになります。
 ※第2回からの参加の場合は、第1回の講義をビデオ受講していただきます。
  ビデオ受講費は、第1回目の講義参加代金と同額となります。
・ご希望の都道府県で開催されていない場合は、新規に開講されるのをお待ち下さい。

2:参加希望地の実行委員に連絡、資料及び申込書の送付を依頼
・東京昔ばなし大学に限り、運営は本研究所がしておりますが、
 それ以外の昔ばなし大学は、各地の実行委員が運営にあたっています。
・そのため東京昔ばなし大学以外の昔ばなし大学に質問等がある場合は、
 各実行委員(日程表参照)へ直接お問い合わせ下さい。

3:受け取った申込書に必要事項を記入し、実行委員に返送する
・会場によっては、返信用はがきを同封することが必要な場合があります。
4:実行委員から受け付け完了の連絡を受けたら、参加代金を振り込む
・参加希望者が定員数を上回ったばあい、参加をお断りする場合があります。
・参加代金は、普通、1回分(土、日6コマの全授業代金)で、6000〜9000円程度です。
 これは各会場によって異なります。東京昔ばなし大学では、現在1回9000円です。
5:当日用参加資料を受け取る
・だいたい一ヶ月前ぐらいに、実行委員より郵便で発送されます。
6:昔ばなし大学当日 講義に参加
・カリキュラムのサンプルをみたいかたはこちらへどうぞ
7:講義終了 次回の講義の案内を受け取る
・昔ばなし大学の会場で、次回分の資料が配られます。
 次回分の代金の振り込み案内もこのときに配られます。
・昔ばなし大学は、だいたい半年ごとに行われます。
8:次回分の受講料を振り込む
・だいたい次回開催日の一月ぐらい前までに振り込みます
「5:当日用参加資料を受け取る」に戻る  ※以後第6回まで繰り返し




昔ばなし大学「再話コース」及び「語りコース」に参加
※当コースは「基礎コース」の修了者のみ参加できます
1:「昔ばなし大学日程表」を見て、参加希望地を選ぶ
・「基礎コース」を修了してさえいれば、どの地域の「再話コース」でも参加可能です。
2:参加希望地の実行委員に連絡 研究会の詳細を尋ねる
・「再話コース」は少人数でおこなわれる、小規模の勉強会です。
 そのため、「基礎コース」のような、細かい参加手続きを踏まないところがほとんどです。

3:参加
・次回の連絡を会場で受ける









昔ばなし大学 日程表 SCHEDULE OF FOLKTALE SEMINAR
■昔ばなし大学「基礎コース」日程表
 □第9期昔ばなし大学
 □第10期昔ばなし大学
昔ばなし大学「再話コース」及び「語りコース」日程表


昔ばなし大学「基礎コース」 日程表

第5期 2003年10月〜2007年1月
大阪、彦根、兵庫、東京、佐賀、佐久、国分、松本、丹波

第6期 2005年12月〜2008年9月
旭川 II期、伊豆のくに I期、東京 IV期

第7期 2007年3月〜2010年3月
札幌 II期、さがみ I期、長野 I期、岡山 II期、山梨 I期、名古屋 II期

第8期 2008年4月〜2011年9月
秋田T期、香川T期、京田辺T期、東京X期、南総U期、宇都宮T期、浜松V期、
沖縄U期、丹後T期

第9期
         
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 実行委員 連絡先


T
2010/
8/28,29
2011/
2/5, 6
2011/
7/9,10
2011/
11/26,27
2012/
2/25,26
2012/
6/9,10
田中 終了いたしました


T
2010/
8/21,22
2011/
2/26,27
2011/
8/27,28
2011/
12/3, 4
2012/
4/21,22
2012/
9/8, 9
木城えほんの郷 終了いたしました


T
2011/
6/18,19
2012/
1/28,29
2012/
6/2, 3
2012/
10/6, 7
2013/
2/2, 3
2013/
6/22,23
藤岡 終了いたしました 
鹿


U
2011/
7/30,31
2012/
2/11,12
2012/
9/1, 2
2013/
1/19,20
2013/
5/25,26
2013/
9/28,29
柿木 終了いたしました


U
2012
4/14.15
2012
9/16.17
2013
2/9.10
2013
7/6.7
2013
12/7.8
2014
5/17.18
河井 終了いたしました


V
2012
8/25.26
2013
3/2.3
2013
9/7.8
2014
3/8.9
2014
7/5.6
2014
12/6.7
古田 終了いたしました

第10期
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 実行委員 連絡先


U

2013
1/12.13
2013
9/14.15
2014
3/15.16
2014
10/25.26
2015
2/28.3/1
2015
7/18.19
小西 終了いたしました


U
2013
6/1.2
2013
11/30
12/1
2014
4/26.27
2014
9/27.28
2015
2/21.22
2015
7/4.5
岡田 終了いたしました


U

2014
1/25.26
2014
5/24.25
2014
10/4.5
2015
3/14.15
2015
7/11.12
2015
11/28.29
終了いたしました


T

2014
6/14.15
2014
11/22.23
2015
6/13.14
2015
11/14.15
2016
6/11.12
2016
11/12.13
上島 終了いたしました
東京Y
2015
5/9.10
2015
9/5.6
2016
1/23.24
2016
5/14.15
2016
9/24.25
2017
1/28.29

受講者募集は終了いたしました

Tel: 044-931-2050
(小澤昔ばなし研究所)



第11期
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 実行委員 連絡先
沖縄V期
2016
1/10
2016
3/27
2016
7/17
2016
12/11
2017
3/5
2017
7/16
 ―  ―  ― 宜保
新城
受講者募集は終了いたしました
Tel:
098-890-2455
(沖縄伝承話資料センター)
大牟田

那珂川
T期
2016
11/16
2017
2/22
2017
6/14
2017
10/4
2018
2
2018
6
2018
10
2019
2
2019
6
高木
西
受講者募集は終了いたしました
Tel: 090-9492-4717(高木)
Tel: 090-4473-7839(西)

和歌山U期 2017
4/10
2017
8/7
2017
12/4
2018
4/23
2018
8/6
2018
12/10
2019
4
2019
8
2019
12
上甲 受講者募集は終了いたしました
Tel:
073-422-7432(上甲)
Email: hippi_j@msn.com
(アンダーバーの次はjです)




昔ばなし大学「再話コース」 及び「語りコース」日程表(第X期)
昔ばなし研究所にお問い合わせ下さい。
※参加できるのは「基礎コース」修了者に限ります。









昔ばなし大学 カリキュラムのサンプル CURRICULUM OF FOLKTALE SEMINAR
サンプルは、第V期東京昔ばなし大学/第1回(2004年1月17日、18日開催)のものです




17日
(土)
13:00

13:45
受付     受付で受講票、名札、食事券(申込者のみ)、
当日配布資料を受け取ってください。
時間厳守でお願い致します。
13:45

14:00
オリエン
テーション
    今後の予定、その他注意事項などを
簡潔にアナウンスします。
14:00

15:20
第一時限 講義 開講の趣旨  
15:40

17:00
第二時限 講義 語りの文法T 使用テキスト「馬方やまんば」
(テキストは当日配布します)
17:00

18:30
休憩      
18:30

19:50
第三時限 語りと講義 語りを志す人の為に 語り手による語りと講義
18日
(日)
9:00

10:20
第四時限 講義 語りの文法U 使用テキスト「かしこいモリー」
(テキストは当日配布します)
10:40

12:00
第五時限 講義 昔話が語る子供の成長 関連図書:『昔話が語る子どもの姿』
(当日購入もできます)
12:00

13:00
休憩     昼食を予約された方は2F
「カフェテリアふじ」にて食事をしてください
13:00

14:20
第六時限 講読 小澤俊夫著
『昔話の語法』
教科書として『昔話の語法』を用います。
当日ご購入いただけます。
14:40

16:10
懇親会     講義終了後、お茶とケーキを準備して
懇親会を開きます。17日に参加希望者を
募ります。会費は600円です。







研究所の活動  ││ 研究プロジェクト  │ 昔ばなし大学  │ 講演会
昔ばなし大学参加方法  │ 日程表  │ カリキュラムのサンプル
topへ